【お見舞い】九州各地の皆さまへ




【art KABA】
歴史ある武家屋敷と桜並木が美しい”みちのくの小京都”、秋田県角館。ここに江戸時代より伝わる伝統工芸が樺細工です。日本の樹である桜の皮を使った日本固有のもので、樺細工の樺とは「ヤマザクラの樹皮」のことを指します。その深い色合い、光沢、滑らかさ、強靭さ、防湿性、防寒性から長く生活道具を生み出してきました。
冨岡商店では、この伝統工芸に現代の空気をあてるべく、YOnoBIプロデュース、橋本夕紀夫デザインにより、「art KABA」ブランドを立ち上げました。伝統の良さはそのままに、デザインの要素を加えたモダンな樺細工の誕生です。

Kaika[開花]は長方形のトレー。周囲に用いた樺細工のシャープな印象と、皿部の曲げわっぱのなだらかな佇まいが融合したデザインです。中と小の2サイズがあり、こちらは小サイズ。

■社名:有限会社冨岡商店(秋田県大仙市上鴬野熊野71-3)
■素材:桜皮、天然秋田杉

   【限定販売】 冨岡商店 桜皮と秋田杉の角型トレー Kaika[開花]小-その他

▶もっと見る

   【限定販売】 冨岡商店 桜皮と秋田杉の角型トレー Kaika[開花]小-その他

【限定販売】 冨岡商店 桜皮と秋田杉の角型トレー Kaika[開花]小-その他

   【限定販売】 冨岡商店 桜皮と秋田杉の角型トレー Kaika[開花]小-その他

【限定販売】 冨岡商店 桜皮と秋田杉の角型トレー Kaika[開花]小-その他

日本ドリコムからのお知らせ
e-shinroをよろしくお願いします

   デジタルパンフレットを探す

   キャンパストピックス▶もっと見る

▶もっと見る