【セール】 ターコイズ 天珠 九眼 ブレスレット 九眼天珠 ラピスラズリ お守り 魔除け パワーストーン クリスタル 天然石 ブレス 水晶-ブレスレット



商品詳細
使用石九眼天珠 10*30mm 
ラピスラズリ 約8mm
ターコイズ 約8mm
本水晶 約8mm
手首周りサイズ約16cm
天珠西蔵(せいぞう)、つまりチベットから各地に伝わったことから、一般的に「チベット天珠」または「西蔵天珠」と呼ばれています。天珠の起源は定かではありませんが、一説ではおよそ2500年以上前から存在する、とされています。 『この世の石ではなく、天から降ってきた生命のある霊虫だ』という伝説もあり、本来はチベット仏教の僧侶が護符として身に着けていたものを、ブームをきっかけに、一般にも広まったパワーストーンです。 お守りとして身に着けることにより、本人や家族を守護し、健康・財福・成功をもたらすと言われています。 天珠にある紋様は天然ではありません。天珠の模様は天然のものではなく、チベット特有の宗教的図案を、瑪瑙(メノウ)という石に特殊な腐食加工で施したものです。現在市場に流通している天珠は、「老天珠」と「近代天珠」に分けることができます。 老天珠は、分かりやすく言えば「天珠の骨董品」です。現存する数が少ないため、非常に高価で、ほどんと市場には出回っておりません。近代天珠は、現在作られた天珠のことです。こちらは材料と製法により「良品」と「不良品」に分けられます。
石の効果九眼天珠
九眼天珠とは、無上を表し最強と呼ばれています。あなた自身の浄化により七福八徳即生し、潜在能力はおのずと開発され巨万の利益が得られます。能力獲得、願望実現の効果が高いと云われている天珠です。
ラピスラズリ
ラピスラズリは「最高の幸運」を呼び寄せる石といわれ、心の邪念や嫉妬などマイナスなエネルギーを払い、危険からを回避し、成功へ導く力があるとされます。知恵や知識を身につけ、洞察力を高めたり、インスピレーション能力をもたらすという人もいます。
ターコイズ
「天の神が宿る石」として危険や邪悪なエネルギーから持ち主を守り、勇気と幸福をもたらしてくれるとされるパワーストーンです。積極的に行動する勇気を与え、夢や目標の達成へと導いてくれるとされます。大きな目標に向かって、なかなか一歩踏み出せない人は、ターコイズのパワーを借りてみましょう。ターコイズのパワーを借りてみましょう。ネガティブなエネルギーを払いのけ、困難な壁を乗り越えて願望を達成できるよう、サポートしてくれるといわれています。
水晶
すべてのものを浄化し、生命力を活性化させ、潜在能力を引き出し、直感力、創造力をはぐくむなど、石の中でも万能的な存在です。あらゆるもの・こと・人に対応するとされ、古来より魔よけや、お守り、呪術に使用されてきました。増幅のパワーをもつとされ、エネルギーを高めてくれるといわれています。潜在的な能力の目覚めを促し、人格を高めてくれるでしょう。精神的な成長を願うときに身につけると、霊性に磨きをかけてくれるはずです。周囲の状況に惑わされず、冷静に物事を見極め、困難に打ち克つ力が欲しいときにもよいでしょう。

※商品は全てライトの下で撮影しており、画像の修正は一切行っていません。ご使用の画面やインターネットソフトなどの違いによって、実物と写真の色具合が若干異なる場合がございます。



ラピズラズリ(青金石)
クリスタル(水晶)
ターコイズ
チベット天珠
記事全文

【セール】 ターコイズ 天珠 九眼 ブレスレット 九眼天珠 ラピスラズリ お守り 魔除け パワーストーン クリスタル 天然石 ブレス 水晶-ブレスレット

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

【6本~送料無料】[ギフトボックス入り]シャンパーニュ ブリュット マジュール NV アヤラ 750ml [発泡白]Champagne Brut Majeur Ayala。[さらに詳しく

【セール】 ターコイズ 天珠 九眼 ブレスレット 九眼天珠 ラピスラズリ お守り 魔除け パワーストーン クリスタル 天然石 ブレス 水晶-ブレスレット

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

【セール】 ターコイズ 天珠 九眼 ブレスレット 九眼天珠 ラピスラズリ お守り 魔除け パワーストーン クリスタル 天然石 ブレス 水晶-ブレスレット

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文