【2020 新作】 ドクタールノー アンテージュ ソワン ロゼ DrRenaud 微発泡マスク 40g リプルパンロゼ マスク-ピーリング・ゴマージュ






★商品説明★


肌をしっとり柔らかくするマッサージマスクです。ローズが香るクリームを肌にのせると泡がパチパチと発生し、酸素を供給するユニークな微発泡マスクです。パパイヤ酵素配合で肌の角質をやさしく取り除き肌を滑らかに。エイジングサインや乾燥などにお悩みの方に、しっとりとしたクリアな肌へ導きます。


ドクタールノーの長年の研究から導き出された、潤い、ハリ、透明感のある肌に導く3種のローズを配合した高保湿エイジングケア。五感を満たすローズの香りに癒され、元気がなくひどく乾燥した肌をふっくらハリのある肌へ。たっぷりと水分をため込む独自処方の希少なローズとヒアルロン酸が、成熟した肌を集中補修します。まるで肌をベールを覆うようにふっくら包み込み、ハリやなめらかさを与え、端麗なフェイスラインへと導きます。

高い保湿力をもたらす3種のローズ配合
■アルペンローズ(ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス)生命力の高さで有名なアルペンローズは、タキシフォリンやポリフェノールを含み、紫外線などの環境ストレスから肌を守りながら理想的な肌へと導きます。■ローズセンティフォリア(センチフォリアバラ花エキス)希少なローズセンティフォリアは、フラボノイドやフェノール酸を豊富に含み、若々しくハリがあり透明感あふれる肌へと導きます。■オーガニックダマスクローズ(ダマスクバラ花エキス)オメガ6系およびオメガ9系の脂肪酸が豊富で、肌を再構築し活力を取り戻し肌のバリア機能を強化します。

《DR Renaud(ドクタールノー)ロゼ ソワン アンテージュ》『ドクタールノー』とは、肌の専門医が植物のチカラに着目して作ったフランス発のナチュラルドクターズコスメ。「ロゼ ソワン アンテージュ」は、悩みの多い成熟した肌へ総合的にアプローチする高保湿エイジングケアラインです。その他、肌悩み別に様々なラインが展開されています。

対応肌
■強乾燥肌
■ハリ・潤い不足の肌
■炎症や乾燥などでくすみがちな肌

成分
水、パーフルオロヘキサン、香料、ジメチコン、ヤシ油、スクワラン、アラキジルアルコール、パーフルオロデカリン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、デシルグルコシド、ペンタフルオロプロパン、ルリジサ種子油、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-100、ホホバ種子油、ベヘニルアルコール、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、PPG-26ブテス-26、カプリロイルグリシン、酢酸トコフェロール、BG、ヤシ油アルキルグルコシド、アラキルグルコシド、サリチル酸エチルヘキシル、PEG-40水添ヒマシ油、ジメチコノール、エチルヘキシルグリセリン、グリセリン、デヒドロ酢酸、スルホコハク酸ラウリル2Na、水酸化Na、EDTA-4Na、キサンタンガム、エタノール、ポリソルベート60、イソステアリン酸ソルビタン、ペンチレングリコール、ジカプリリルエーテル、サフラワー種子油ピペロニルエステルズ、タマリンドガム、ヒアルロン酸Na、レシチン、センチフォリアバラ花エキス、1,2-ヘキサンジオール、ダマスクバラ花水、カプリリルグリコール、カルボマー、パパイン、野菜油、クエン酸、トコフェロール、アルギン酸Na、セイヨウニンジンボク果実エキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、シクロデキストリン、ベンジルアルコール、赤102、黄4

■メーカー
ドクタールノー

■商品区分
化粧品

■広告文責
シセイル 0561-84-8440

★その他のビューティ雑貨はコチラ


記事全文

【2020 新作】 ドクタールノー アンテージュ ソワン ロゼ DrRenaud 微発泡マスク 40g リプルパンロゼ マスク-ピーリング・ゴマージュ

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

【正規品・送料無料】ジバンシー ルージュ・アンテルディ・テンプテーション(3.3g) 08。[さらに詳しく

【2020 新作】 ドクタールノー アンテージュ ソワン ロゼ DrRenaud 微発泡マスク 40g リプルパンロゼ マスク-ピーリング・ゴマージュ

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

【2020 新作】 ドクタールノー アンテージュ ソワン ロゼ DrRenaud 微発泡マスク 40g リプルパンロゼ マスク-ピーリング・ゴマージュ

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文